品質管理

深沢製作所

深沢製作所の精密板金加工の標準的な精度は、寸法精度で1/100、平面度1/100を実現しています。
またグローバル対応にて、RoHsやCeマークへの対応が求められることも多くあります。
そのため深沢製作所では、一般的な精度面での保証だけでなく、安心感をお持ち頂きたいと考え、材料の成分に至るまでの検査を行える体制を整えています。

品質方針

深沢製作所では品質の方針を以下のように掲げています。

  • 1.顧客満足度を向上させられる人材の育成
  • 2.独自技術の継承と創出
  • 3.日々の努力研鑽

品質管理体制:ISO9001準拠

深沢製作所はISO9001:2008をベースに、責任権限が明確な品質管理システムを独自に構築。品質の保証は、試作開発段階に関わることの多い、深沢製作所にとって最重要課題と捉え、常にトップがレビューを重ねており、製品にとどまらず、品質システム全般の改善に全社一丸となって取り組んでいます。

製作部品の検査工程では、加工と共に回ってきた帳票を元に検査を行うと共に、過去の検査の記録を保管・参照しており、リピート品の確実な検査対応を可能にしています。

検査工程

検査工程

検査済み製品

検査済み製品

三次元測定機

三次元測定機

XRF:蛍光X線分析装置

XRF:蛍光X線分析装置

環境保護対応

生産活動は、電気、原材料、水等の様々な地球資源を消費し、産業廃棄物などの廃棄物を出す事から地球環境に負荷を与えています。
深沢製作所では、ソニー株式会社グリーンパートナー認証取得をするなど、環境関連物質に関して(入れない、使わない、出さない)体制を構築し、少しでも環境負荷を小さくした生産現場を目指して、積極的に環境保全活動に取り組んでいます。

地球温暖化防止・省エネルギー

  • ・生産設備待機電力削減
  • ・高効率照明採用
  • ・コンプレッサインバーター化
  • ・物流改善
地球温暖化防止・省エネルギー

資源有効活用

  • ・端材再利用
  • ・コピー用紙再利用
  • ・分別による資源化
資源有効活用

環境リスクマネジメント

  • ・環境関連物質管理
  • ・法規制遵守と汚染予防
  • ・グリーン購買
環境リスクマネジメント