深沢製作所のスタンス

Customer First

深沢製作所はただ精密板金加工を行うだけの、部品加工会社とは異なります。
われわれは「品質」「コスト」「納期」、これらを追うだけの会社でありたくはありません。
なぜならお客様の、製品開発、市場での競争の成功に貢献することが、深沢製作所の目標だからです。

深沢製作所が大切にしているのは「Customer First」という思い。お客様のもうひとつの技術部門として、パートナーと思っていただけるように、お客様の課題解決に向けて、精密板金のプロとして、ベストな設計・精密板金加工をご提供する。
それが私たちのスタンスです。

技術部門代行:製品開発のパートナーとして

深沢製作所の目指す領域は、お客様の「技術部門代行」です。機械や設備では同業他社と変わりがなく、代えの効く存在、言わば「生産代行」です。
お客様が製品開発のプロフェッショナルであるならば、われわれは精密板金加工のプロフェッショナルでなければならない。プロフェッショナルの定義は様々ですが、深沢製作所は「お客様から信頼されること」だと考えています。

製品開発は様々な技術を駆使して行われますが、常に最新の技術が製品設計にとって最適解となるわけではありません。最新技術と既存の技術の組み合わせが必要であり、われわれ深沢製作所は、精密板金技術のプロフェッショナルとして、お客様の製品設計に関わります。
お客様の市場競争力のある製品開発のために、われわれができることは何か。
技術力とそれを支える人間力の追求を足がかりに、われわれはチャレンジを続けています。

Professional Sheetmetal Engineering

設計・開発者への技術情報発信

深沢製作所が過去製作してきたアイテム数は20万個超。この多品種の精密板金部品を手がける中で培われた技術知識は、深沢製作所が発行している技術ハンドブック「試作板金設計技術ハンドブック」と、運営するWEBサイト「試作板金加工.com」に反映されています。
これらの技術媒体は、われわれ加工サイドのためではなく、設計・開発を行う方のために、基礎的な内容ながらも、普段気づきにくい精密板金部品の設計実務上のポイントを公開しています。

試作板金設計技術ハンドブック

VA・VE提案の実施

深沢製作所では、お客様から頂いた図面データに対しては、通常のお見積もりをご提出するとともに、精密板金加工を長年手掛けて来た見地から、図面へのVA・VE提案を同時に行っています。50年以上の精密板金加工の実績と技術を持つ、深沢製作所ならでは取り組みであり、多くの方からご好評を頂いている弊社の姿勢であります。

図面データのご送付→図面データの検証とお見積作成→お見積と共にVA・VE提案を実施